>>トップページ>>歯科矯正

見えない矯正=「裏側矯正とは」

歯科矯正には装置の装着が不可欠ですが、笑ったり話したりすると他人から見えてしまうため、営業職や接客業の方には敬遠されがちでした。その点を考慮して、歯の表側に付けていたワイヤーを裏側に装着し、人目を気にせずこっそり矯正をする方法があります。それが「舌側矯正」です。

倉敷駅前の歯科/舌側矯正(裏側矯正) 倉敷駅前の歯科/舌側矯正(裏側矯正) 倉敷駅前の歯科/舌側矯正(裏側矯正)

写真はハーフリンガルブラケットです。
上の歯を裏側矯正(舌側矯正)にし、下は、表側の矯正で治療する方法です。
笑った時などに、よく見える上の歯だけを裏側矯正にすることで、価格を抑えて目立たない矯正を行えます。

裏側矯正の方法

裏側矯正には2種類の方法があります。

舌側矯正(リンガル矯正)

人目が気になる方におすすめの方法です。
歯の裏側からのブラケット矯正で、他人に気付かれずに治療することができます。
歯の裏側に矯正装置を装着し歯列矯正します。
ただし、舌に触れる違和感を感じる人もおり、歯磨きに時間がかかるなど難点もあります。
費用は通常の矯正装置より割高になります。
メリット:表側から見えない
デメリット:慣れるまでは、発音しにくい、費用が割高

クリアアライナー、インビザライン(マウスピース矯正)

装着していてもほとんどわからない、透明なマウスピース型の目立たない矯正装置を使う方法です。
食事や歯みがきの時は取り外せるので違和感なく使え、また、ホワイトニング剤を使った「ホームホワイトニング」も同時にできるというメリットがあります。
装着を自分で行ないますので、使用しなかったり装着時間が短いと、良い結果が得られません
3週間ごとに新しいマウスピースに交換する必要があります。

最新システムで快適治療

舌側矯正は1970年代に開発されていますが、一般的にならなかったことには理由があります。治療の効率性の悪さや舌の痛み、噛む時の不便さ、しゃべりにくさなどなど…。
しかし、現在では「STb」というシステムの開発によりあらゆる点が改良。東風会ではその最新技術を取り入れ、見た目も日常生活も快適な治療をお届けしています。また、一人ひとりに対応したオーダーメイドの舌側矯正「iBraces」もご利用いただけます。

裏側矯正装置STbとは

裏側矯正装置STb

薄くて小さい、丸みを帯びたデザインで、患者様の舌の違和感を減らした装置です。
また、ブラケット間隔が広がり、ワイヤーの弾性をうまく利用できるので、弱い力で痛みを最小限に抑えます。
その為、今までよりも治療期間が短く矯正を行えます。



見えない矯正iBraces(インコグニート)とは[公式サイト]

見えない矯正iBraces(インコグニート)とは、今までの舌側矯正装置よりも、最新の見えない矯正装置です。
今までの、矯正装置よりもかなり小さくなり、違和感が少なくなりました。
そのため、しゃべりにくさもかなり改善され、食事も快適にできます。

今までの裏側矯正

今までの裏側矯正装置
歯と装置の間に接着剤が多く必要なため
厚みがあり、違和感がありました。


裏側矯正iBraces(インコグニート)

新しい裏側矯正 インコグニート
歯と装置の接着面がわずかなので
厚みが少なく、違和感がありません。



舌側(裏側)矯正のよくある質問

Q.舌側矯正は時間がかかるというのは本当?

舌側治療のほうが時間がかかるとよく言われていますが、きちんとした技術で治療を行えば、そのようなことはありません。
東風会の裏側矯正は、表面の矯正とほとんど変わりません。

Q.舌側矯正は誰でもできますか?

どのような歯ならびでも行えます。
治療できないということはほとんどありません。

Q.舌側矯正はムシ歯になりやすい?

実は、歯の裏側はむし歯に強いので、むし歯になりやすいということはありません。
しかし、矯正装置は、歯が磨きにくいので、きちんと適切な歯磨きを行うことが大事です

Q.舌にあたって痛みませんか?

個人差がありますが、裏側矯正は、装置が舌に当たって違和感を感じる方もいます。
痛みが出た場合にはワックスで、痛みを減らす方法もあります。


↑ページの先頭へ
無料メール歯科相談