歯を失う2大原因は虫歯と歯周病です。
どちらも予防方法はほぼ確立され、私たちの生活習慣をそれに合わせていくことで防ぐことができます。

むし歯予防には、歯を守る最も有効な予防手段である「フッ素」を有効に用います。
歯周病の予防には、「つまようじ法」を中心とした術者ブラッシング、専門的クリーニングを行うことによって状態を改善し維持していきます。

「つまようじ法」は歯周病の予防・治療のため、歯間部の歯垢を除去することを目的に考案されたブラッシング方法です。正しいつまようじ法で磨くと、最初のうちは歯ぐきから少し出血がありますが心配いりません。
歯ぐきをしっかりマッサージするので血流がよくなり、歯茎がしっかりとしてきます。すると歯周病菌が繁殖する場所が無くなり、口腔内環境が改善していくという仕組みです。

デンタルサロンハビーナでは、つまようじ法の考案者である渡邉達夫歯科医師のブラッシングを受けることができます。毎週水曜日の14:30~18:30に診療しておりますので、ぜひ渡邉先生のつまようじ法を体験してみてください。(要予約/お電話またはメールにて)


非常勤 歯科医師:渡邊達夫(Watanabe Tatuo)
岡山大学名誉教授(口腔保健学)で、現在は(学)朝日医療専門学校岡山校校長
NPO法人お口の健康ネットワーク理事長。
大阪大学歯学部を卒業後、広島大学歯学部助手、テキサス大研究員、広島大助教授を経て1982年から岡山大歯学部教授。歯学部長などを歴任し、2007年3月の退職時は同大学院医歯薬学総合研究科口腔保健学分野教授。
歯周病予防のブラッシング『つまようじ法』の考案者。
つまようじ法とは
勤務時間
水曜日 14:30~18:30